« 2006-08-23 | トップページ | 2006-08-27 »

成長期のための養分を貯える

スランプの時期や逆境の時期が来たと思ったら、それを客観的に冷静に見つめて、ああ時期が来たな、と思ったら、この間、冬ごもりの準備をすることです。

そして、みずからの内を見つめてみてください。

そして、人生を深めるための教養を身につけるよう心がけることです。

こうすることが結局は、やがて花開くことになってゆくと思います。

《参考文献》『幸福の科学原論③』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現状維持による打開

スランプの時期や、苦難の時期には、結局「動くな。」ということを教えられているのです。

動かないで、いま、やれることはいったい何だろうかと考えてみることです。

これは「内を見つめよ。」ということです。

《参考文献》『幸福の科学原論③』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スランプ・逆境‐沈黙の意味を知る

孤独の時期に、やはり魂が底光りしてくるのです。

焼きを入れられているのです。

どこまで耐えられるか、耐えられるところまで耐えてみよ、そういう時期があるのだと思います。

そして、それを経ていない人は、やはり本当の意味での光というものが出てこないような気がします。

この沈黙の時期に、人間は深くなってゆくものだと思います。

《参考文献》『幸福の科学原論③』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

問題の発見と悩みの解決

自分が悩んでいるその悩みは、自分固有の悩みで、とにかく自分だけがこんなに苦しんでいるのだと考えがちで、この自分というところにずいぶんこだわるのです。

そして、人間の悩みには客観性がある、共通性があるというところを無視しがちです。

悩みが人と似ていると言われるのはいやなのです。

その悩みを一生懸命に愛しています。

もう少し心を開いて、共通の悩みを持っている人がいないかどうか、そしてそのような人がどう対処しているのか、どう対決しているのか、どう解決しているのかを見て、問題の発見と、その解決に至るプロセスの客観化に努力する必要があると思います。

そうしないと、何度も何度も悩みを再生産するだけになってしまいます。

《参考文献》『幸福の科学原論③』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切磋琢磨

花のなかにも、特別勢いがいいとか、枝ぶり、匂いの違い、つぼみのつき方の違い、開花していくときの芸術性とか、やはりいろいろあるはずです。

このように、花どうしでおたがいに切磋琢磨していると推定されるのです。

美をつくるために、彼らも努力しているのです。

《参考文献》『幸福の科学原論③』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006-08-23 | トップページ | 2006-08-27 »