« 悩みを通して人格を高める | トップページ | 光明思想 »

素直な心を持つ

環境の中で自分が挫折して、そしてもう逃げ出したくてどうにもならないとき、高級霊を信じず、また人を信じず、もう自分だけまったく孤立したように思っているとき、考えてほしいことは、自分はどこかで素直さというものを失っているのではないかということです。

何か自分の力だけで全部できるような気になっていたのではないか、一人相撲ができるような気持ちになっていたのではないかということです。

神への感謝を忘れていないか、守護・指導霊への感謝を忘れていないか、人の心を本当にまともに受け取っているかどうか、一人相撲をしていないか、自分で勝手にいろいろなことをあてはめて考えすぎていないか。

《参考文献》『幸福の科学原論①』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« 悩みを通して人格を高める | トップページ | 光明思想 »

『幸福の科学原論』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素直な心を持つ:

« 悩みを通して人格を高める | トップページ | 光明思想 »