« 芸術的観点から見た人生 | トップページ | 魂のひだを深める »

芸術という名のもとの許し

反省によって自分の暗い部分を光明化していくという教えもありますが、芸術に一気に昇華してゆくことによって、すべてを金色に変えていく。

鉛を金に変えるがごとく、錬金術のごとく、自分の人生を芸術化することによって、すべてに対する見方を変えてゆくことができる。

みずからの人生が鉛の人生であったと思っている人よ、その鉛を変じて金とせよ、純金とせよ。

鉛が純金となる瞬間がある、そこまで思いを清めよ、浄化せよ。そして、一心に神のほうにふり向け。

《参考文献》『幸福の科学原論②』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« 芸術的観点から見た人生 | トップページ | 魂のひだを深める »

『幸福の科学原論』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術という名のもとの許し:

« 芸術的観点から見た人生 | トップページ | 魂のひだを深める »