« 聖なる体験 | トップページ | 芸術という名のもとの許し »

芸術的観点から見た人生

芸術的観点から人生というものを見たときに、実は二元論でいう悪なるもの、迷いなるもの、不幸なるもの、こうしたものが次々と消え去っていくのです。

それらはちょうどベートーベンの第九交響曲のように、最後の大いなる歓喜の世界の至るための序曲にしかすぎなかった。そうした歓喜の瞬間に達するための紆余曲折であったということがわかるのだということです。

《参考文献》『幸福の科学原論②』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« 聖なる体験 | トップページ | 芸術という名のもとの許し »

『幸福の科学原論』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術的観点から見た人生:

« 聖なる体験 | トップページ | 芸術という名のもとの許し »