« 人生の味わい | トップページ | 優雅さとくつろぎの気持ち »

猫の境地から学ぶ

まさしく日向ぼっこをしている猫の境地、あれは老荘思想のきわみだと思います。

努力しているようにはとくに見えないのですが、いちばん日当たりのいいところを探すという作業だけはしているのです。

たしかに、一日のうちの太陽の動きを見ながら、朝は朝日が当たるところ、昼は昼の日が当たるところに動いています。

ノイローゼ患者やストレスがたまっている方は、猫を観察されるとよいと思います。

神様はなぜ猫を生かしているのかという観点から見ると、こういう生き方も是とされているのだなと推定されます。

《参考文献》『幸福の科学原論③』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« 人生の味わい | トップページ | 優雅さとくつろぎの気持ち »

『幸福の科学原論』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫の境地から学ぶ:

« 人生の味わい | トップページ | 優雅さとくつろぎの気持ち »