« 不幸を口にしない | トップページ | あぶらを塗って水をはじく »

不幸の受け止め方

心のなかにおいて、その毒を完全に食らってしまわない工夫をすることです。

そのためには、受け止め方、あるいは受け流し方が大事だと思います。

人の言葉であっても、覚えている人は十年も二十年も覚えています。

十年間それを思いつづけてプラスになることはゼロです。

右から左に流したら何もありません。

それだけのことです。

《参考文献》『人生の発見』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« 不幸を口にしない | トップページ | あぶらを塗って水をはじく »

『人生・運命・真理の発見』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不幸の受け止め方:

« 不幸を口にしない | トップページ | あぶらを塗って水をはじく »