« 念い即存在 | トップページ | 認識の根源と反省の根源 »

認識は力である

薬師如来みたいな人もそうですし、千手観音とか、十一面観音とかで表わされていることは、いろいろな仕事を同時にできるということの象徴であるのです。

そして、これが高級霊の本質であるのです。

ですから、霊格が上がれば上がるほど、このように念いが自由自在になってくるわけです。

《参考文献》『幸福の科学原論②』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« 念い即存在 | トップページ | 認識の根源と反省の根源 »

『幸福の科学原論』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認識は力である:

« 念い即存在 | トップページ | 認識の根源と反省の根源 »