« スランプ・逆境‐沈黙の意味を知る | トップページ | 成長期のための養分を貯える »

現状維持による打開

スランプの時期や、苦難の時期には、結局「動くな。」ということを教えられているのです。

動かないで、いま、やれることはいったい何だろうかと考えてみることです。

これは「内を見つめよ。」ということです。

《参考文献》『幸福の科学原論③』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« スランプ・逆境‐沈黙の意味を知る | トップページ | 成長期のための養分を貯える »

『幸福の科学原論』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現状維持による打開:

« スランプ・逆境‐沈黙の意味を知る | トップページ | 成長期のための養分を貯える »