« 新たな、よい縁をつくっていく | トップページ | 人生における苦しみの意味 »

地上での苦しみは魂の磨きとなる

この世だけで見るから、たとえば目が見えないと、「こんな不幸は許せない」となるわけです。

ところが、永遠の生命の中で見れば、非常に貴重な修行をしているのかもしれないのです。

「私は目さえ見えれば幸せだったのに」と、愚痴や不平不満で一生を送ったら、その教材を無駄にしていることになります。目が見えなくても、ヘレンケラーのようにがんばる人もいます。

《参考文献》『人生の発見』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« 新たな、よい縁をつくっていく | トップページ | 人生における苦しみの意味 »

『人生・運命・真理の発見』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地上での苦しみは魂の磨きとなる:

« 新たな、よい縁をつくっていく | トップページ | 人生における苦しみの意味 »