« 2006年9月5日 | トップページ | 2006年9月8日 »

まず、みずからが光る

まず、現在の環境のなかで学びうる最大の事を学んでみる、実践してみる。

その環境には、そういう未熟な人ばかりいるかもしれない。

しかし、ちょうど霊界と同様で、魂の境涯が上がって光が強まれば、次の階に浮き上がっていくように、その現在の環境のなかに、あなたがいられないような雰囲気になったときに、この世でも同じように次の段階に移っていくのです。

まず、人に求めてはいけない。自分に求めなさい。

《参考文献》『運命の発見』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中道のなかの発展

間違いがないかどうかを判断するフィルターとして、過大評価、過小評価、この部分に注意しなさい、ということです。

本来あるべき自分というものは、左右の両極端を去ったところにあるのです。

結局、私には、私の器に合った行動、生き方というものがあるわけです。

それを自分自身で見つけていかなければいけない。

それは人によって違います。

あなたには、あなたの器に合った生き方があるはずです。

それを発見しなくてはいけません。

《参考文献》『運命の発見』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

順境のときに学ぶべきもの

順境にある方は、やはり視点を外に向けるべきです。

そして、他に苦しんでいる人がいたり、不成功の人がいるのに、自分だけがこのまま成功していたのではもったいない、ということになれば、彼らも成功できる方向に努力して、指導あるいは援助をしていくべきです。

ここにおいて、やはり、無限の修行があるはずです。

環境の恵まれている人は、それだけ奉仕ということがしやすくなりますから、どんどんやっていくべきです。

そのためには目標をもう少し高く上げることです。

《参考文献》『運命の発見』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よい種をまく

現在そういう悪しき現象が出ているということは、やはりいい種をまいていないからなのです。

これは、いまからよい種をまいていく以外にありません。

あなたが見て、その人ができる範囲のなかでのよき種まきとはいったい何なのか。

これを考えていただきたいと思います。

《参考文献》『運命の発見』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高い認識力で問題を一刀両断

強い善人になるためにはどうすればよいかというと、ひとつは認識のレベルを上げることによって、快刀乱麻のごとく人生の問題を解決するということです。

問題の処理速度というのは、人によって個人差がものすごく大きいのです。

ある人にとっては一瞬で解決がつく問題を、別の人が解こうとすれば一生の悩みになることもあります。

《参考文献》『運命の発見』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

底を受け入れる

自分の運命として、いま現にこういう環境が出ている。

この下限の状態で、さあ、あなたはどうするのかということです。

どこまで失って、それで開き直れるかです。

これが次なる課題としてあります。

魂の磨きということから考えてみると、いちばんの底を受け入れる。

そして、受けて立たなければダメです。

最低限をどこかに想定して、いちばん悪くてここだというのがわかれば、そこを足場にして頑張るべきです。

この最下限を足場にして、ではどうするのか。

山登りをどうするのか、岩登りをどうするのか、これを考えるべきです。

《参考文献》『運命の発見』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人との出会いを大切にする

自分の運命が転換するときには必ず人との出会いがあります。

そうした人と出会うためには、「つねに新鮮な感覚を持ち続ける」ということが大事です。

どんな人が自分の運命を転換させるための鍵になるかわからないので、それに対して、いつもチャンスの女神の前髪をつかむための用意だけはしている必要があると思います。

《参考文献》『運命の発見』(大川隆法著、幸福の科学出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月5日 | トップページ | 2006年9月8日 »