« より大きな理想を持つ | トップページ | 臓器移植の問題点② »

臓器移植の問題点①

結局、本当に臓器移植をするのなら、提供するほうと受けるほうとの両方の意識が調和しないとだめなのです。

出すほうも納得し、受けるほうも納得して、人様のものだけど、ありがたく受けさせてもらうという感謝の念で受けた場合には収まることがあります。

ただ、そういうことを知らずに、人間というのは、ものなんだ、物体なんだ、だから、臓器が壊れたら人の臓器を使えばそれでいいじゃないか、代わりを持ってくればいいじゃないか、という気持ちでいると、これは拒絶反応が起きてその人もすぐ死んでしまいます。

《参考文献》『運命の発見』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« より大きな理想を持つ | トップページ | 臓器移植の問題点② »

『人生・運命・真理の発見』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臓器移植の問題点①:

« より大きな理想を持つ | トップページ | 臓器移植の問題点② »