« 自分の過去にこだわる性格の人へ② | トップページ | 人の輪の中に溶け込めない人へ① »

自分の過去にこだわる性格の人へ③

第三の処方箋は、「よいことは大きく、悪いことは小さく受け止める」という心の持ち方をすることです。

素朴なことのなかに喜びを感じ、よいことが一つあると、その幸福感覚が長く続くということは、現代においては非常にまれになっているようです。幸福感覚のかわりに不幸感覚だけが長く続き、それがしだいに増大することが多くなっています。

自分にとって悪いこと、いやなこと、不吉なこと、苦しいこと、悲しいことは、出来るだけ小さく受け止めるようにし、反対に、自分にとってよいことは、大きく、長く受け止めるように努力すると、あなたの人生は、しだいに幸福になっていくはずです。

不幸感覚を少なくし、逆に幸福感覚を強める生き方が大切なのです。

《参考文献》『「幸福になれない」症候群』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« 自分の過去にこだわる性格の人へ② | トップページ | 人の輪の中に溶け込めない人へ① »

『「幸福のなれない」症候群』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29012/8623899

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の過去にこだわる性格の人へ③:

« 自分の過去にこだわる性格の人へ② | トップページ | 人の輪の中に溶け込めない人へ① »