« 人に信頼されない人へ② | トップページ | 頭の悪さを嘆く人へ② »

頭の悪さを嘆く人へ①

集中力を鍛えることによって、しだいに記憶力が増していきます。

すなわち、雑念を払う訓練をすることによって、記憶力はどんどんよくなっていくのです。

また、原始的な方法ではありますが、「労力をかける」ということも、記憶力をつける方法の一つです。

他の人が二、三回読んで理解できるものを、五回、十回とくり返し読んだならば、どのような人でも、ある程度は頭に入るはずです。

《参考文献》『「幸福になれない」症候群』(大川隆法著、幸福の科学出版)

|

« 人に信頼されない人へ② | トップページ | 頭の悪さを嘆く人へ② »

『「幸福のなれない」症候群』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29012/8623894

この記事へのトラックバック一覧です: 頭の悪さを嘆く人へ①:

« 人に信頼されない人へ② | トップページ | 頭の悪さを嘆く人へ② »